ローラ、女戦士コバルト役でバイオハザード6に出演!コバルト画像あり!

      2016/04/03

a15http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150825-00000309-oric-ent

 

モデルでタレントのローラさんが、2017年1月公開のハリウッド映画「バイオハザードVI ザ・ファイナル・チャプター」に出演することが決定しました。

「ハリウッド映画に出ることはわたしの夢で英語も演技もずっと練習をしていたから合格してほんとうにうれしい!」と大喜びされてますね。

バイオハザードと言えば13年前から続く大人気映画シリーズですが、今回ローラさんが演じるコバルト役とはどんな役で、

どうストーリーに関わってくるのか調べてみました。

■ローラさんについて詳しく

 

1990年3月30日生まれ

血液型:B型

身長:165cm

ローラさんはバングラデシュ人の父とロシア人と日本人のクオーターの母の間に生まれました。

両親は幼いころに離婚しており、今の継母は中国人女性とのこと。

 

ローラさんは高校時代に渋谷でスカウトされてモデルになったことから芸能界デビューを果たしました。

2007年に「Popteen」で読者モデルとして注目を集め、2008年には「ViVi」に登場して専属モデルに。

ローラさんの顔は人間の理想的な美しさ、顔の黄金比率にきわめて近い造りをしているそうでその美しさには定評がありますよね!

 

 

■バイオハザードについて詳しく

ハリウッド映画バイオハザードは、カプコンから発売されている大人気ゲームソフト「バイオハザード」を原案とした映画シリーズ。

2002年に第1作が公開されて世界的に大ヒットし、今回の第6章で最終となるようですね。

ストーリーは、アメリカでの家庭用医薬品シェア90%を誇るアンブレラ社から始まります。

アンブレラ社の裏の姿は、細菌兵器の開発などを行う“死の商人”。

ある日研究中のT-ウイルスが漏れ出すバイオハザードが発生し

その真上にあるラクーンシティではアンデッド達が溢れ出し、街は恐怖に包まれていく…。

簡単にいうと人類の生き残りをかけた人間とゾンビとの戦いの物語ですね。

ローラさんは今回、女戦士コバルトという役で登場するそうです。

ローラさんがインスタにアップしたコバルト役の装いがこちら!!!↓↓

87

コバルト役はミラ・ジョボビッチ(39)演じる主人公のアリスとともに行動し、ゾンビの大軍を相手に最後の戦いを挑む重要人物とのこと。

ゲームには登場していない映画オリジナルの配役のようです。

ローラさんは南アフリカで行われる撮影に1か月参加される予定で

「来月からしばらくずっと南アフリカで撮影なの! がんばってくるね」と意気込んでいました。

インスタにコバルトの画像をアップした際には

「今回バイオハザードの映画で出会ったスタッフさん共演者のみんなはとても優しくて楽しくて

そしてみんなそれぞれの国が違うから刺激をうけてお互いの国の良さを話し合ったりシェアをしたり

本当に素晴らしい人たちに出逢ったの。ありがとう」とコメントしています。

製作プロデューサーはローラさんの起用について

「彼女は驚くべき美貌と人を惹きつける強烈な個性、強い意志をもった女性。今回のコバルトは彼女が適役でした」とコメント。

柔らかい雰囲気で常にテンション高めなローラさんですが

女戦士となるとクールさや相当の演技力が必要なはずです。新たな一面が見れることに期待が高まります。

憧れのハリウッドでどんな活躍を見せてくれるか、楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク

 - ドラマ・映画