恨みを晴らす方法と許せない気持ちの消し方

      2016/09/09

 

自分を裏切った友達のことが許せない

大事な約束を破った恋人のことが許せない

仕事を邪魔した同僚のことが許せない

自分を騙した家族のことが許せない

 

このように誰かに対して絶対に許せない、と恨みを抱いたことが

誰しも一度はあるのではないでしょうか。

相手を不幸にさせないと気がすまない

やられた分ただでは済まないと

一日中、不快な気分で居たことはありませんか?

そんな「怨み」について

彼は2500年前にこう話していました。

スポンサーリンク

恨みは、恨みを返すことでは静まらない。

恨むのをやめた時こそ鎮まるものです。

私たちは「恨みは抑えるものだ」と思えないものですが

もし抑えるものだと理解できれば

その時こそ 争いは終わるのです。

<ダンマパダ5・6>

 

 

 
224

やられたらやり返す、倍返しだ!というのが数年前に流行りましたね。

仕返しすれば爽快、

仕返しすれば気分が晴れると私たちは思いがちですが

ブッダは

「怨みを返しても気分が収まることはありませんよ」と言っています。

いや、そんな事を言われても腑に落ちないよ

やっぱりやられたらやり返さないと、と思ってしまうことでしょう。

それに対してはこう説いています。

「やり返したらまたやり返され、堂々巡りの苦しみがつづきますよ」と。

お互いに恨んで恨んで

やり返しやり返され

そんな無駄な時間をすごすよりも、

怨みはさっさと捨てて自分のために時間を使ったほうが良いということですね。

大きな話になると最近は、復讐代行業や復讐サイトなどというものもあるようですが

人の手を借りて仕返しをした所で

それで本当に気持ちが晴れるのでしょうか。

仕返しするということは相手の土俵までわざわざ降りていくことです。

相手の土俵まで降りて同じことを仕返ししたら

それこそ嫌な相手と同じ程度の人間になってしまいますね。

やられたらやりかえすぐらいが丁度いい、と言ってもらえるのは子どものうちです。

仕返し以外の道を選んで、気持ちよく生きていきたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 - ブッダの言葉