秋の冷え性対策!手足や朝方の冷えに効く簡単な予防法4つ

   

a0960_006172_m

猛暑も一段落し、だいぶ涼しくなりました。

これから秋本番ですね。

暑さやクーラーで弱った体の冷え性対策、今の時期から始めておきましょう!

今回は秋から簡単に始められる冷え性対策をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

■体を温める食べ物をとろう!

長ネギやタマネギなどのネギ類は体を温めてくれます。

しょうがや唐辛子などの辛い物もおすすめですね。

ジンジャーティーなどは飲みやすいですよね。

ビタミンEが含まれるかぼちゃ、ナッツ類も血行を良くする効果があります。

トマトやキュウリなどの夏野菜は体を冷やしますので、適度に摂っていきましょう。

 

■入浴で体を温めよう

夏の間はシャワーだけという人も多いようですが、少しずつ冷えてくるこの時期からできるだけ入浴を習慣づけると良いそうです。

おすすめはぬるめのお湯に長く浸かること。

温度は38~40℃ぐらいで20~30分入ると体の芯からポカポカ温まるそうですよ。

 

スポンサーリンク

 

■寝るときには靴下を脱ぐ

寝るときに靴下をはいていると足が圧迫され血流が悪くなります。

血流の悪化は冷えにつながりますのでご注意を。

ゆたんぽや、日中に布団を太陽に干して温めておいたりすると良いでしょう。

 

■適度にストレッチを

 
仕事などで長時間、パソコンと向き合ったり、同じ姿勢を続けていると血流が悪くなります。

血流が悪いと冷えますので、適度に休息をとったり伸びをしたりして体をほぐすと良いそうですね。

お風呂あがりのストレッチも効果的です。

 

簡単にできることで冬の冷え性に備えることができるんですね。

これから寒さが増しますので、みなさん今から対策始めて体を労ってあげてくださいね!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 生活