緊張男クリストファーマロニーの歌声と感動エピソード!wiki風プロフィールも

      2016/09/09

 

イギリスの奇跡の歌手、クリストファー・マロニーさんに注目が集まっています。

今回は

1分で分かるクリストファーマロニーのプロフィール

エックスファクターのエピソード

全英を感動させた彼の歌声の魅力とは?

気になる点について追いかけていきます!

 

スポンサーリンク

 

■1分でわかるクリストファーマロニー

279

イギリス生まれのクリストファーマロニーさん(39)は

大学卒業後、お役所の電話相談係として働いているごく平凡な青年でした。

ある日、彼のおばあさんからイギリスの超人気オーディション番組「Xファクター」に出演をすすめられ

思い切って出場することを決意します。

が、

極度のあがり症な性格で、応募用紙に記入の時点であきらめてしまいます。

 

あきらめ続けて早8年。

 

ずっと自分には無理だと思い続けていたのでした。

8年諦めていたらもう週間みたいになりそうですね。

応募用紙集めが趣味みたいな感じだったんじゃないでしょうか。

 

 

おばあさんはそんな内気なクリストファーのことを思い、

「傷つくことを恐れないで」と温かい言葉を投げかけます。

おばあさんに背中を押されてやっと出場を決めたクリストファーは

本線に進出することが決まったのでした。

 

 

そして運命の日がおとずれます。

2012年のオーディション。

マイクを片手に彼は緊張し、ガタガタと震えていました。

審査員も「こりゃあダメだろう」という雰囲気を醸し出していました。

そんな中でクリストファーは

アメリカの映画「ローズ」の主題歌「The Rose」を歌い始めます。
するとその見事な歌唱力と表現力に誰もが絶句。

彼の歌声を聞いた人々は驚きのあまりこう言いました。

「あんなに緊張して震えているのになぜこんな風に歌えるの?」

人の心を揺さぶる声です。

ぜひ聞いてみてください。

結果的にクリストファーは決勝で敗れてしまうのですが、

彼は一躍有名になり2013年にCDデビューを果たされます。

イギリスだけでなく外国でもライブを行うようになり

世界中の人々に今も感動を与え続けています。

クリストファーマロニーさんはおばあさんにとても感謝しているのでしょうね。

彼はテレビ番組アンビリーバボー内でこう語っていました。

「人はみんな、夢が叶わないのを恐れて踏み出せない。」

「傷つくのが恐い。」

「でも誰かが背中を押してくれたら勇気を持てるんです。」

「どうか、勇気を持って。」

素晴らしい人生のエピソードですね。

スポンサーリンク

 

 

 

■クリストファーマロニーの歌声の魅力とは

自分は「人の心に訴えかけるような歌声」だと思いましたね。

一生懸命に歌う姿とその美しい歌声にとても感動しました。

アンビリーバボーの番組を見た方々も素晴らしい歌声だと沢山ツイートしているようですね。

しかし

優勝はしていないんです。不思議です。

彼は決して歌が最高というわけではなく

彼の、ド緊張しているのに→→→歌はうまい

というキャラクターに特に人気が集まったのだと考えている人も多いようです。

歌が上手いのはもちろんなのですが

緊張して何も出来なかった人が勇気を出して行動し、夢を掴みに来た。

その姿に、人柄に、世界中が惹かれたのでしょう。

 

 

自分の好きな言葉に「この世は行動の星」というのがあります。

もしクリストファーマロニーさんがこの先もずっと応募用紙を書く時点で諦め続けていたら

誰も彼の歌声を聞くことなど、感動することなど無いままでした。

1つの行動で人生は変わるんですね。

自分も特に臆病で引っこみ事案な性格なんですが

失敗や、批判や、傷つくことを恐れずに

まず一歩を踏み出してみようと思えました。

 
日本のカラオケ番組のオススメはこちらに
カラオケバトル3月16日春のグランプリ優勝は?林部と城南海が白熱の再戦!
のどじまんザワールド2016春の優勝はキルギスのグルム!出演者も紹介!

スポンサーリンク

 - カラオケ番組