田児や桃田と闇カジノで違法賭博した現役選手やOB6人とは誰か?!

      2016/09/09

 

桃田賢斗選手と田児賢一選手の違法カジノ問題に注目が集まっています。

今回は

・2人と一緒に闇カジノに通っていた選手とは誰?

・2人が通っていたカジノの場所や賭博の内容は?

気になる点について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

■2人と一緒に闇カジノに通っていた選手とは誰?

313

謝罪会見を行なった両選手の様子が報道され、衝撃が走っています。

田児選手は60回程度カジノに通い、約1000万円の負け

桃田選手は6回程度で約50万円の負け

と金額を露わにし、とても反省していると神妙な面持ちで謝罪していました。

謝罪会見後の報道では

現役のバドミントン選手とOBの約6名に、同じ違法カジノに通っていた可能性があると見られています。

その6人とは誰なのか?気になって調べてみましたが

確かな情報はまだ出てきませんでした。

NTT東日本の選手公式プロフィールのページは現在アクセスできにくい状況のようですね。

現時点で独自に調べた情報をまとめると、

「OB」について田児選手は

日本ユニシス所属の奥原希望選手と親交があったといいます。

そして「後輩」で田児選手と親交があった選手は以下の方達だと言われています。

大越泉 選手

小松崎佑也 選手

佐藤黎 選手

竹内宏気 選手

星野翔平 選手

松丸一樹 選手

 

 

現在、詳しい取り調べが行われているようですが、将来有望な選手たちばかりですから

また新たに”関わっていた”という人物が上がって欲しくはないですね。

そして産経新聞の記事によると、

桃田選手達は一緒にラケットを持った後輩らしき男女を連れてきたこともあった。と報道されています。

もしかすると女性の選手も含まれているのかもしれないのですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

■2人が通っていた国内カジノの場所や店

2人が通っていた違法カジノはJR錦糸町に近い店

雑居ビルの中に店舗があったといいます。

カジノがある階にエレベーターが止まらないようになっており

他の人にはその階にカジノがあると気づかれないようになっていたといいます。

 

なぜ田児選手たちがカジノに入れたのかというと

産経新聞の取材によれば

まず田児選手が闇カジノの客引きの紹介で入店可能になったのだといいます。

その一週間後、田児選手の紹介で桃田選手も入店。

田児選手は1回100万程度、桃田選手は数十万程度の金額をかけていたのだそうです。

2人がのめり込んでいたのは「バカラ賭博」というもので

簡単に言うと独自のルールを持ったトランプゲームです。

ルールは単純なもので、比較的すぐに覚えられるゲームのようですね。

 

 

リオ五輪代表の有力候補と呼ばれていた両選手だけあって

元気に活躍する姿が見れなくなるのは本当に残念ですね。

バトミントン協会理事の公言によりリオ五輪への代表推薦はほぼ無しと断定されてしまいましたが

まだお若い選手たちなので

今回の違法賭博の件にしっかり片を付けて

また次のオリンピックを目指して頑張って欲しいです。

 

 

そして他の賭博者とは誰なのか?確かな情報は続報を待つことにしましょう。

 

 
スポーツ界の注目ニュース

清原に次ぐ激ヤセアスリートXとは誰か判明!画像と実名、理由がヤバイ

江宏傑(台湾)の世界ランキングや顔画像!福原愛との爽やか遠恋エピソード

スポンサーリンク

 - 気になる人