「武井壮」論争。いい年してアイドル・アニメ・ゲーム好きはキモいのか。

      2015/11/09

23

 

タレントでアスリートの武井壮さん(42)がツイートした言葉がネットで大論争になってますね。

武井壮さんのツイートについてはその独創性からたびたび話題になることが多いのですが、今回はアイドル好きについての発言。

そのツイートがこちら。

 

 

「カッコ良すぎるじゃねぇかぁぁ!!!」

自分もこれについては肯定派で、こういう事言ってくれるとテンション上ります。

ネット上では賛否両論のようですが、どちらかというと賛成の意見が多いみたいですね。

自分もいい年してゲームもアニメもアイドルも好きだし

漫画好きの趣味が高じて自力で漫画を描いてコミケに持っていったことも有ります。

(コミケとはコミックマーケット・日本最大級のオタク向けイベントです。)

今回は、いい年してキモい人、第一群の自分が思いの丈を語ります。

 

「いい年してアイドル・アニメ・ゲーム好きはキモいのか。そうでないのか。」

 

スポンサーリンク

 

 

■結論:キモいんだと思います。

 

正直、いい歳した大人が落ち着きもなく、アイドルっていう偶像に本気で熱くなる姿は、はたから見ればキモいんだと思います。

いい年してなりふりかまわず好きなモノを追いかけるには、若者のような熱量を保ったままでいる必要があります。

外見は「いい歳」なのに行動は「まるで若者」。

その外と内のアンバランスさが「なんか得体の知れない感」、「キモい」を醸し出しちゃうんでしょうね。

はい。キモいと思う人の感覚は確かなものだと思います。

 
で、「キモい」人たちは自分をどう捉えているのかって言うと

そういう人たちは「キモい」「常識はずれ」「世間からの目」なんていうハードルはもうとっくに飛び越えていて、

その先に居るアイドルしか見えてないんです。

キモいなんて言われてもまったく気にならない。

そんな事を気にしてアイドル好きをやめるほうがよっぽどの苦行になっちゃうんですよね。

実際に自分も、いい歳したシロウトが漫画を描いてコミケに持っていく、という行為をキモいんだろうなあとは思いますが、

だが、それで、、なにか問題でもある?という感じです。

キモいという批評は彼らにとってなんの障害にも攻撃にもならないんです。

 

スポンサーリンク

 

アイドルでもアニメでもゲームでもおなじです。

まわりに何と言われようが、心にブレーキをかけず自分の好きなことを好きでい続ける、

やりたい事をやり続けられるひとは武井壮さんの言うように「人生を楽しめる人」なんだと思います。

いい歳だからAKB48はやめておこう・・・盆栽でも・・・するか・・・なんて人の目とか常識だとか意味のわからない曖昧なものによって

好きな事をあきらめるなんてもったいないです。

周りに害を及ぼすような事でない限り、みんな自由にやればいいと思う。

短い人生、いつ死ぬかも分からないのですから楽しんでおいたほうが絶対に良いですよね。

 

【 今回の結論 】

 
「いい歳してアイドル・アニメ・ゲーム好きはキモい。でも、キモい人ほど人生を楽しんでいる!!」

 

スポンサーリンク

 - 話題のニュース