スマホ?ガラケー?どっちを買うか迷った時の判断ポイント3つ

      2015/11/09

a0002_011955_m

「最近電池の減りが激しくなってきた、4年間使ったガラケー。」
「2年前にノリで買ったけど電話とLINEしかしてないスマホ。」
このタイミングでスマホに変えるか?ガラケーにしておくか?
悩みますよね。
1年間で約240台の携帯を売ってきた販売員が考える、
迷った時の判断ポイント3つをご紹介します!

 

■結論① 通話とメールだけならガラケー

通話とメールしかしないのであれば、スマホを選ぶ必要はありません。
単純にスマホ料金>ガラケー料金 だからです。
わざわざ高い料金を払ってスマホで通話とメールだけ…というのは勿体ない。
着信メイン、メールも1日10通以内、文字のみだよ。というような方なら
ドコモ、au、ソフトバンクの旧プランで「毎月1008円~+本体代」で1台維持することもできます。
(このプランだと通話と、SMS、いわゆる電話番号をアドレスとしたメールのやり取りができます)
まず自分が携帯をどう使うのか。
通話とメールだけだとしたら、あなたにはガラケーで間違いありません。

 

 

■結論② ネットを少しでもするならスマホを選ぼう

天気予報、ニュース、ナビ、買い物、ゲーム、映画、遠くの友達との交流。
スマホ1台あればネットの世界で何でもできます。
家に居ながらアマゾンでお米を買って、届けてもらえる。あら便利。
今まで図書館に行かないと調べられなかった事も、google検索で一瞬で解決。
空いた時間を家族との会話や趣味に割けるかもしれませんね。
スマホは使い方しだいであなたの生活を劇的に変えます。
「でも料金が高くて…」という声も聞こえてきそうですが、
大手携帯会社のスマホは良い買い時、お得な買い方さえおさえていれば
毎月5000円以下で維持することだってできるんです。(詳しくは後日の記事でね。)
最近は格安SIMもメジャーになってきているし、
スマホは毎月1台1万円なんて思い込みなんです。
お得な情報を知ってるか、知らないかで月々の料金はかなり変わってくるんですよ。

 

■結論③ 新しいことに挑むか。自分のスタイルをつらぬくか。

数年間、携帯販売員をやってきてたくさんのお客さんを見てきました。
「使い方は不安だけど、出かける時に地図を使いたいの。頑張って孫に教わったら覚えられるかしら。」
と言ってシニア向けのスマホを買っていった60代の女性。
2か月後にお店で再会した時には、もう楽々使いこなしていらっしゃいました。
「店員さんに、安いって勧められたから買ったけど何が何だかもう分からない…」
と言って、初期の注意書きフィルムを画面に貼ったまま来店された、40代男性。
彼は今でも自分に馴染まないスマホを毎日眺めているのでしょうか。

スマホを手にして新しい世界に飛び込んでみるか。
手に馴染むガラケーで俺はこれだ!と自分のスタイルを貫くか。
自分で納得して買うこと。
結局はそれに尽きるのかなぁ、と思います。

ブログに慣れておらず一つの記事を書くのにかなり時間がかかるのですが、
頑張って更新していきます。
それではまたのお越しをーーーおまちしております!

スポンサーリンク

 - iPhone・スマホ