ノロウイルスはどこでうつる?トイレやお風呂や人混みに危険も

      2016/09/09

毎年11月~2月頃、冬にかけて多くの感染者が出るノロウイルス。

突然の嘔吐や下痢、発熱など恐ろしい症状が続きますし

感染力も強く恐ろしいウイルスですよね。

そんなノロウイルスに一体どこで感染してしまうのか?

詳しく調査してみました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

■どこでうつる!? ①家の中

97

口からノロウイルスが侵入して感染してしまうことは、家の中でも簡単におこります。

これを「経口感染」といいます。

家の中でノロウイルスが付いた食べ物をたべたり、

汚い水を飲んだりしたら簡単に感染してしまうのです。

特に、二枚貝や生カキには注意しましょう。

「生でなければ大丈夫」と思う人が多いですが、

火がきちんと通っていない半生の状態でも感染することが多いです。

しっかり火が通ったものを食べるようにしましょう。

家族が感染した場合も看病する人意外はできるだけ近づかないようにしましょう。

 

■どこでうつる!? ②レストラン

飲食店でもうつります。

ノロウイルスに感染した店員さんが調理したもの、

配膳した物からうつってしまうケースもあります。

こればかりは食べる私たちには防ぎようがないので

これで感染したら悲しすぎますね。

知識として覚えておくといいかもしれません。

 

■どこでうつる!? ③人の多い場所・駅・ショッピングモール

ノロウイルスに感染した人の服や肌に触れただけで自分に感染する「接触感染」のパターンも多く見られます。

ウイルスが付いた手で、自分の口や鼻を触っただけでも体内にノロが入ってしまいます。

また、ドアノブやエレベーターのボタン、自動販売機のボタンなどから間接的にうつることもあります。

人混みの中に行くときはマスクをしたり、

外では鼻や口をできるだけ触らないように。

あとは頻繁に手洗いうがいをすることが予防に効果的ですね。

スポンサーリンク

 

■どこでうつる!? ④これは要注意。トイレ・お風呂

ノロウイルスの感染力はとても強いので、誰も居ないところでもうつります。

トイレやお風呂などです。

もう逃げ場がない感じですね。

患者の下痢でウイルスがトイレに飛び散っていると、

それが鼻から体内に入ってしまうだけで感染します。

これは「飛沫感染」と言われ、この飛沫感染によって患者が一気に増えていきます。

一見綺麗なトイレでも、ノロウイルスは目に見えず居るかもしれません。

自分は映画館のトイレで感染した(と思われる)ことがあります。

下痢の症状がある人がお風呂に入ると家族にうつることもあるので

症状がある人は最後に入るようにしましょう。

 

■結果 どこでもうつる。

残念な事実ですが、普通に生活していてノロウイルスを完全に防ぐことは不可能なんですね。

どこでもうつる可能性があるんです。

しかもノロウイルスの感染力はとても強いのに感染者用の薬はまだ開発されていません。

もし発症してしまったら、

便などで自然に体の外にウイルスが出て行くのを待つしかありません。

手洗いうがいを頻繁にすること、患者には近づかないこと、できるだけ人混みをさけることなどで

せめてもの予防をしていきましょう!

スポンサーリンク

 - 生活