デスノートドラマの優希美青演じるニアとメロの設定は?

      2015/11/09

 

第7話で「計画通り」祭りが盛大に行われたドラマ版デスノート。
夜神月がデスノートの記憶をなくした状態のいわゆる「きれいなライト」から
記憶を取り戻し狂気のキラに戻った瞬間の名シーンですね。
回を重ねるごとに月役の窪田さんの演技には磨きがかかっていきますね。
あの表情。純粋な悪を見事に表現されてます。

夜神月が凡人設定という点で原作ファンから多くの批判が寄せられているドラマ版ですが、
そのアレンジは留まるところを知らないようですね。
ニアが女性になっていたり、メロが腹話術の人形だったり。
もはや人ですらないとは驚き。
アレンジというより元々の設定改変。
これはこれで、ある意味上手い炎上商法なのかもしれませんね。

■ニアとメロの設定は?二重人格?

ニアとメロと言えば原作の第二部で夜神月を追い詰める、主役格のキャラクターでしたね。
ドラマ版デスノートではニアが一人で「ニア」と「メロ」の二つの人格を演じる、二重人格設定になっているようです。
控えめにおとなしく喋っているときは「ニア」
過激で挑戦的な発言は「メロ」
いつも頭のどこかで自分はLに勝てない、と抑圧してきた感情が「メロ」の人格として表に出てきているのではないでしょうか。
原作ファンとしてはメロの不在、かなり悲しいですけどね。

 

■ニアの役者さんは?ファンの反応は?

ニア役を演じるのは女優の優希美青(ゆうきみお)さん。1999年生まれの16歳。
ちなみに優希美青は芸名で、山口百恵さんの名前の画数24画にあやかってつけたものだそうです。
数えたら苗字だけで24画でしたけど。謎だな。
本名は菅野莉奈(かんのりな)。個人的には、本名のほうが可愛くて好きですね。
第37回ホリプロスカウトキャラバンにてグランプリを獲得、2012年京セラのCMで芸能界デビューを果たしました。
しかし2015年1月から体調を崩し、2月末に活動を一時休止されています。
当時視聴者からは激痩せを指摘されており、拒食症か何かの病気かと噂が飛び交うほど。
現在は復帰していますが、休業詳細についてのコメントはありません。
最近では朝ドラ「マッサン」の娘役で女優として高い評価を得ていますが、
デスノートでは白髪のウイッグを被るため、
一般人のコスプレにしか見えない、キャラを壊さないで、などと原作ファンから批判を浴びる事態に。
個人的にはこんな可愛いニアも有りでは?と思うので、
演技力で魅せて批判も跳ね除けてほしいですね。

予告を見る限り、このペースで行けば原作の最後まで盛り込まれてきそうですね。
かなりのアレンジが盛り込まれた本作ですが、どんなラストを見せてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク

 - ドラマ・映画