イオンスマホの口コミ評価!格安機種ごとにメリットや評判をご紹介

      2016/01/12

 

いらっしゃいませ!

イオンで販売されている話題の「イオンスマホ」をご存じですか?

本体と通信費が分かりやすいパックになっている

初心者でもとっつきやすい格安スマホです。

「でも色々機種があってよく分からない・・・」

そんなあなたに!

どんな機種が発売しているのか?

イオンスマホはどんな人におすすめなのか?

買う時はどんな事に気をつけたら良いのか?

今回はイオンスマホを人一倍よく知る元携帯ショップ店員が

簡単にわかりやすくご紹介していきます!

 

 

■geanee(ジーニー)

【特徴】

・イオンスマホの中で一番価格が安い

・本体が薄くてスリム

・防水機能が付いてない

 

【おすすめはこんな人】

・とにかく安さ重視の人!

 

 

【毎月の料金】

 約 1980円(+使った分だけ通話料。40円/1分)

本体代+通信料金すべて込みで約1980円(+通話料)で毎月使えます。

 

まだ販売はしてますがイオンのホームページ上からは消えてたので

料金は定かではありません。

いま販売しているイオンスマホの中で一番前に出たモデル。

イオンスマホの中で価格が最も安いのが特徴です。

とにかく安いのが良い人におすすめですね。

ですが安いだけあって故障の率が他の機種より高い気がします。

決して壊れやすい機種ではないですが

一番の格安なので本体の性能もそれなりなのでしょう。

韓国メーカー製造です。

 

 

 

■KYOCERA S301(京セラ)

115
【特徴】

・イオンスマホの中で一番丈夫、衝撃に強い

 ・防水付き。水に濡らしても安心

 

【おすすめはこんな人】

・今まで携帯を壊して困ったことがある人

 

【毎月の料金】

2641円(+使った分だけ通話料。40円/1分)

(内訳:本体代1241円+通信料金1400円)

 

毎月2641円(+通話料)で使えます。

この料金でインターネットの高速通信を1GBという容量まで使えます。

1GBというのはネットサーフィンをしたりメールのやりとり中心であれば

申し分なく使える容量ですね。

たくさんネット通信をしたい方は、通信プランを6GBという上のプランにすると

毎月3391円(+通話料)で使えます。

 

イオンスマホの中で最も丈夫な機種なので、

よく携帯を壊してしまう人にはおすすめです。

がっしりした本体で、

特に男性や携帯を壊してしまう心配がある学生さんに人気です。

 

 

 

■VAIO Phone(バイオフォン)

114
【特徴】

・インターネットの高速通信が無制限で利用できる

 

【おすすめはこんな人】

・ネットをたくさん使いたい人。動画をたくさん見る人。

【毎月の料金】

3980円(+使った分だけ通話料。40円/1分)

(内訳:本体代2000円+通信料金1980円)

 

 

 

VAIO Phoneはイオンスマホの中でもかなりおすすめの機種ですね。

毎月3980円(+通話料)で

インターネットの高速通信(LTE)が無制限で使えます。

ネットを高速スピードで使い放題できる機種ということです。

元携帯ショップ店員としての正直な意見ですが、

3980円でVAIOという本体性能の良い機種でネット使い放題というのは破格です。

安すぎます。

お得すぎですよ、これ。

スマホでネットをよく使う若い世代やサラリーマンに人気です。

防水がついていないところだけ気をつけてくださいね。

 

 

 

■ARROWS(アローズ)

116
【特徴】

・料金安めで本体性能もそこそこ良いバランスタイプ

・お年寄りや子供でも操作が分かりやすい「簡単モード」つき

 

【おすすめはこんな人】

・スマホ初心者、お年寄り、子ども

 

【毎月の料金】

2880円(+使った分だけ通話料。40円/1分)

(内訳:本体代1530円+通信料金1350円)

 

 

 

料金が安めで本体の性能もしっかりしているバランスタイプの機種で

どんな方にもおすすめです。

シンプルでわかりやすいメニュー画面にできる「簡単モード」つきなので

操作に自信がないかたにもおすすめです。

スマホは難しそうだけど持ってみたい。というかた向けに、

世間で言う「らくらくスマホ」のような簡単なメニュー画面を設定出来る機種なのです。

もちろん他の機種と同じようにふつうのメニュー画面にもできます。

毎月2880円(+通話料)で高速インターネット通信が1GBまで使えます。

1GBというのは、スマホ初心者の方なら十分な容量です。

たくさんネットを使いたい人は6GBプランが

毎月3180円(+通話料)で使えます。

安心の国産、富士通製です。

 

 

 

■XPERIA J1 COMPACT

211

【特徴】

・大人気のSONYブランド

・片手で操作できるコンパクトタイプ

・色はホワイト(白)のみ

・操作性、カメラ、電池持ち全て良し

 

 

【おすすめはこんな人】

・大きなスマホが苦手な人

・SONY(日本メーカー)が好きな人

 

 

【毎月の料金】

3633円(+使った分だけ通話料。40円/1分)

(内訳:本体代2283円+1GB通信料金1350円)

 

 

 

毎月3633円~(+通話料)で使えます。

エクスペリアという、大手携帯会社(ドコモなど)でも特に売れ筋の人気機種ですね。

日本のソニー製ということで操作性や電池持ちもよく、悪い評判を聞きません。

若干本体に厚みがあるものの

最近主流の、5インチスマホよりもひとまわり小さな4.3インチというサイズで

ポケットに入れやすく片手で画面の端まで指が届くというところがポイントです。

大きなスマホが苦手という人には特におすすめですね。

大きな文字で大きな画面を見たいという高齢者の方などには、小さすぎるかもしれません。

カメラの画素数も2070万画素なので綺麗な写真が安心して撮れます。

ちなみに最新のiPhone、「iPhone6S」はカメラ1200万画素です。

もちろん防水機能付き。エクスペリア、素晴らしいです。

操作性、電池持ち、カメラ、どれをとっても満足度の高い機種ですね。

 

 

 

 

 

以上の機種が「本体+通信プラン」がひとまとめになったセットです。

本体だけ買える機種もあるのですが、

別途SIMカードを契約したりと手間がかかりますので

格安スマホ初心者のかたは本記事で紹介している「本体+通信プラン」でのセット購入がわかりやすくてオススメです。

 

 

■イオンスマホを買う時に注意すること

 

【契約当日にSIMカード代金がかかります】

SIMカードとは、電話番号の情報が書き込まれたカードのこと。

携帯を契約する時に3240円(税込み)を支払う必要があります。

 

 

 

【イオンスマホの契約にはクレジットカードが必ず必要】

イオンスマホは毎月の料金支払いを

クレジットカード払いにしないと契約できません。

キャッシュカードや通帳だけでは契約できないので

注意してくださいね。

クレジットカードをもってない。困った!というかたは

イオンのクレジットカード「イオンカード」を作ると便利です。

イオンカードはイオンスマホの支払いだけでなく

毎月20日30日のイオンお客様感謝デーの時にもかなり役立ちます。

お会計が5%オフになるんですよ。

年会費も無料なのでイオンスマホを契約したい方やイオンによく行く方にとっては

とてもおトクなクレジットカードです。

↓↓↓イオンカード公式サイト↓↓↓

 



 

 

 

【他社から乗り換えると数日携帯が使えないことも】

ドコモやau、softbankからイオンスマホにのりかえる場合、

タイミングによって3~5日間、携帯電話が使えなくなります。

発信も着信もできない状態ということですね。

ゴールデンウィークなどの大型連休前だと

7日間くらい使えなくなるケースもあります。

格安スマホと呼ばれるものは、

イオンスマホ以外でもこの待ち時間が発生することがほとんどです。

 

 

 

【イオンスマホの修理はイオンのお店でできません】

イオンスマホはもし故障してしまっても、

お店で修理の受付が出来ないシステムになってます。

じゃあどうすればいいのかというと、

イオンスマホのサポートセンターに電話して、

壊れた本体をセンターに発送して修理になります。

お店で修理をしないことで費用を削減して、

「格安料金」が実現できているんですね。

故障をしたらセンターに本体を送らないといけないので、

その間は携帯が使えません。これは買う時によく注意してくださいね。

ただ、格安スマホだからといって普通に使っている分には

決して壊れやすいということはありませんのでご安心ください。

 

 

 

 

■他の格安スマホとの違い

他の格安スマホ・格安SIMとは何が違うのか?

気になりますよね。

イオンスマホが他と違う点は

スマホ本体と通信料金プランがわかりやすいパックになっているところです。

他の格安スマホを選ぼうとすると

本体を自分で家電屋さんで調達する必要があったり、

家電屋さんで買う本体が高いと思えば

中古の安い本体を自分で探さなければならないなどの

手間が まずかかります。

また格安業界はまだまだスマホに詳しくない人には

分かりづらいプランが多いので

本体の用意とプラン選びで迷い果ててしまうという事がよくあります。

イオンスマホはその点をさらっとクリアしていて

「新品の本体」と「わかりやすい料金プラン」がセットになっているので

迷う必要なく安心して使えるのがいいところですね。

あとは忘れちゃいけないポイントとして

ドコモやauやソフトバンクでよく問題になっている

「2年契約」の「10260円の契約解除料」がかかりません。

いつ解約しても契約解除料がかからないのは良いことです。

ドコモやauなどの大手会社ではないので

買うのには勇気がいるかもしれませんが、

安心してください。

他の格安スマホにくらべたら

意外と簡単に買えちゃいますよ。

 

 

 

イオンスマホには店頭販売とオンラインショップ販売があります。

ちなみに自分は携帯の仕事関係で色んなお店を回ってたのですが

イオンの携帯販売店でイオンスマホを契約すると

契約手続きから本体を渡されるまでに約2時間くらいかかります。

ドコモやauやソフトバンクからのりかえの場合は

SIMカード(電話番号が書き込まれたカード)がその後自宅に届くまで

3~5日間、発信や着信が出来ない期間が生じます。

 

お店で契約や本体の初期設定をする販売員さんは

中年主婦が多かったですね。笑

手続きはお店でもネットでも全く同じなので

自分でじっくり見て買いたいかたには

イオンスマホ公式オンラインショップをおすすめします。

今回紹介した「新品本体+通信プラン」のセットは

「お申し込みパッケージセット」というセット名で載ってます。

さらに詳しい画像や説明も載ってますのでどうぞ。

イオンスマホ公式オンラインショップはこちら↓↓↓

 

 

手軽な料金でスマホライフを楽しめる「イオンスマホ」

ぜひあなたの選択肢にいれてみてください。

 

 

 

(分からないことがあれば出来る限りお答えしますので

コメントから気軽に質問してみてくださいね。)

※イオンスマホの売価は時期によって変動するので 詳しくは公式サイトでご確認ください。本記事でご紹介した料金、本体代金はすべて税抜き表示です。

 

 

スポンサーリンク

 - iPhone・スマホ