マイナンバーカードが届いたらするべき手続きの手順と受け取り方法

      2016/09/09

 

2015年10月からついにマイナンバーカードの発送が始まりました。

マイナンバー通知カードはいつ届くのか?

どうやって受け取るの?

配達時に受け取れなかった場合はどうする?

届いた後にするべき手続きは?

気になる疑問について分かりやすくご説明していきます。

スポンサーリンク

■マイナンバー通知カードはいつ届くの?

 

10月~12月に地方自治体から簡易書留で届きます。

ちなみに届け先の住所は「住民票」に登録してある住所になります。

届く時期にはバラつきがあるようなので、焦らずに待ちましょう。

12月を過ぎても届かない場合は地方自治体にお問い合わせを。

国民全員に届くので、家族の誰かにだけ届かないということはありません。

 

■マイナンバー通知カードの受け取り方法は?

 

簡易書留で届くので、受け取り方法は郵便局員からの「手渡し」です。

郵便受けに投げ入れられる事はないので、確実に住人が受け取れます。

自分が家に居なくても同居している家族が受け取れますね。

配達時に家に誰も居なかった場合は「不在票」が郵便うけに入れられ、

「不在票」があれば実家や勤務先などでも受け取ることが出来ます。

不在票に再配達してもらうための手順が書いてありますので

連絡の手続きをして再配達してもらいましょう。

スポンサーリンク

 

■届いた後にするべき事は?

①必要書類の確認

マイナンバーに関する書類が届いたら以下のものが全てそろっているかと

記載の住所、氏名などに間違いがないかまず確認しましょう。

・マイナンバー通知カード

・「個人番号カード」の申請書と返信用封筒

・マイナンバーについての説明書

 

②個人番号カード(マイナンバーカード)の申請をしましょう

129

個人番号カードとは新しい本人確認書類で

今後 公的な身分証明書となるものです。

氏名や住所、生年月日、顔写真、マイナンバーが記載された

ICチップ付きのプラスチックのカードです。

このカードは今後、免許証などと同じように

本人確認の場面で使うことができるようになります。

ちなみに個人番号カードの発行は任意なので、

絶対に発行しなければいけないというわけではありません。

ですが今後マイナンバーでの本人確認の機会は増えると思いますので

この機会に発行しておくのがおすすめです。

 

【個人番号カードの申請方法①】

封筒に入っている「個人番号カード申請書」に必要事項を記入し

顔写真を貼って返信用封筒に入れてポストに投函する方法。

 

【個人番号カードの申請方法②】

スマートフォンで顔写真を撮ってインターネットで申請する方法もあります。

 

申請が終わったら、

個人番号カードは2016年1月以降に交付されますのでそれを待ちましょう。

 

③勤務先にマイナンバーを届け出る

 

2016年1月から勤務先にマイナンバーを届け出る必要があります。

正社員、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなど雇用形態に関係なく

働いている全てのかたが届け出なくてはいけません。

届け出をするためには下記のいずれかの書類が必要です。


・個人番号カード(マイナンバーカード)1点

・写真付き本人確認書類+通知カード

・写真無し本人確認書類2点+通知カード
勤務先への届け出も個人番号カードがあれば1点で済むので、

やはり個人番号カードは上に書いた手順で申請しておくのがおすすめです。

 

■まとめ

まだまだ認知度の低いマイナンバーですが、

通知カードは10月~12月に届きますので手順をしっかり確認し、

届いたら慌てず手続きを行ってくださいね。

スポンサーリンク

 - 生活