鳥取イルミネーション2015の期間はいつまで?最後の理由はなぜ?終了前の見所をご紹介

      2016/09/09

 

毎年12月に鳥取砂丘で行われる

「鳥取砂丘イリュージョン」が今年で終了となります。

冬に砂丘でイルミネーションという独特の世界観が人気だったので

最後と言われると絶対に行っておきたいですね。

今回は見納めとなるイルミネーションについて

期間はいつまで?

終了の理由は?

最後に見ておくべき極上の見どころは?

気になる点についてご紹介していきます!

スポンサーリンク

 

■鳥取砂丘イリュージョンの期間は?

173


【期間】12月12日(土)~12月27日(日)

【時間】全日17:30~22:00

【入場料・駐車料】無料

 

15日間の開催で今回が最後だということと

クリスマスを跨いでいるので

かなりの盛り上がりが予想されますね。

毎年7万人もの人が訪れているそうですが

今年はさらに混み合いそうです。

入場料駐車料共に無料なので

学生さんも気軽に行けるイベントです。

 

 

■今年で終了の理由は?

 

2003年に第1回が開催し

今年で13回目となる鳥取砂丘イリュージョン。

運営者の新生鳥取砂丘イリュージョン実行委員会は

終了の理由を

「鳥取青年会議所内外の様々な事情により今年で終了します」

とコメントしています。

事情とは何なのかと言うと

やはり資金や労働力の面で限界が来たことが推測されます。

スポンサーが居なくなってしまったんでしょうか。

入場料や駐車料が無料なので収益もほとんど上がらないですし

活動は主にボランティアの方々が行っていますので

運営が困難になってきたのでしょうね。

というか

ボランティアしてる人たち神ですね。

毎年7万人もの人が訪れるイベントなのだから

もっと大きな組織で新たに立ち上げても良いと思うんですが

まあ大人の事情というやつなんでしょうか。

後悔のないように今年は絶対に見に行きたいですね。

スポンサーリンク

 

 

■最後に見ておくべき見どころ

 

今年で最後ということで

過去最多の30万球を超える電飾が飾られます。

今年のイルミネーションのコンセプトは「和」。

きらびやかな和風の情緒あふれる装飾が見どころです。

動物のイルミネーションなどの可愛らしい物も飾られるので

子どもでも勿論楽しめますね。

そして何と言っても

「砂丘」と「イルミネーション」のコラボは

鳥取砂丘ならではです。

都市部など他では絶対に体験できないイルミネーションなので

雰囲気だけでも十分楽しめるんじゃないでしょうか。

自分もすごく行きたいんですが

関東から1人で行ったら喜びどころか虚しさ倍増の予感です。

むしろボランティア参加したほうがいいんじゃないか。

独り身でない人はぜひ最後のイルミネーションを

思い切り楽しんで来てくださいね!

スポンサーリンク

 - 季節のイベント